top of page
  • 執筆者の写真ゴルフ ファイト

★ゴルフボールの種類★



皆様こんにちは😊

今回はゴルフボールの種類についてご紹介していきます♬


ゴルフボールの種類は大きく分けて この3つ

「スピン系」

「ディスタンス系」

「第3系」



スピンがかかりやすいスピン系

・スピンコントロールし易い

・飛距離よりもコントロール性を重視

・競技などに出場する方など上級者向け


スピン系のゴルフボールは表面が軟らかく、ディスタンス系と比較して中心のコアが硬いタイプのボールが一般的です。

インパクト時に軟らかいボール表面のカバーがクラブのフェースと長く接するため、ヘッドスピードが遅くてもスピンがかかりやすくなります🌟

スピンを生かしたコントロールショットやアプローチショットを打ちたい方へおすすめ。

また、競技などでグリーンを硬くした状況などではより効果を発揮😲

スピンがかかりやすくなる分ボールが曲がりやすいため、中・上級者向けのボール になります。


飛距離重視のディスタンス系

・飛距離を重視

・ランも出やすい

・比較的サイドスピンが少なくなり易しい

・飛距離とボールの曲がりを抑えたい方など中・初心者におすすめ


ディスタンス系ゴルフボールは、飛距離性能に特化した「飛ぶボール」。

ドライバーショットでの飛距離が出しやすく初級者におすすめ😊

ディスタンス系のゴルフボールは中心のコアが柔らかく、表面のカバーが硬い構造になっている物が多いです。

インパクト時の反発力を高める構造にする事により、飛距離アップを最優先にしたボール。

ディスタンス系のボールは余計なスピンがかかりにくいため、 スライスのミスが多いゴルファーにもおすすめ です🌟


第3系

・ディスタンス系とスピンの中間のボール

・スピン系とディスタンス系の良いところを取り入れたバランス重視のゴルフボール

・打球感を含め、トータル的にバランスがとれている


第3系ゴルフボールはディスタンス系・スピン系どちらの長所も併せ持ったタイプで

高い反発力とスピン性能をもつバランスタイプのボール🌟

ドライバーでの飛距離を伸ばしながら、アイアンなどでのアプローチショットでは狙った位置に止めることが出来るため、 短期間での上達に向いています。

表面・中心のコアともに柔らかく、異なる素材を組み合わせた3~4層の多重構造になっています。



同じタイプのボールでも、ボール表面の窪みや内部の構造により、

性能や価格に差があります!!

自分のヘッドスピードなどを知り、それに見合ったボールを選ぶことも重要✨

ボールの性能や構造に注目して、さらに使いやすいものを選んでみましょう😊


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

年末年始のお知らせ

いつもファイトゴルフ心斎橋橋店をご利用いただき誠にありがとうございます🌟 12/29~1/4 は休業とさせていただきます🙏 ご愛好いただいてます皆様にはご不便とご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほどお願いいたします。 今後ともファイトゴルフ心斎橋店を何卒よろしくお願いいたします🌟

10/21(土)臨時休業のお知らせ

いつもファイトゴルフ心斎橋橋店をご利用いただき誠にありがとうございます🌟 10/21(土) ファイトゴルフ主催でのコンペ開催の為、この日は臨時休業とさせていただきます🙏 ご愛好いただいてます皆様にはご不便とご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほどお願いいたします。 今後ともファイトゴルフ心斎橋店を何卒よろしくお願いいたします🌟

bottom of page